心穏やかに新しい1年をはじめる

皆様2018年もよろしくお願いいたします。

今年も皆様とのヨーガの時間に感謝して、丁寧にアーサナ(ポーズ)、呼吸と向き合っていきたいと思います。


寒い日が続きます。体調管理には十分気をつけて日々過ごしたいですね。

苺がお店に並ぶようになりました。嬉しいです♬


ヨーガは自己観察でもあります。日々様々なことに追われ、様々な情報に囲まれて私たちの意識は外へ外へと向いてますが、自分の意識を自分自身に向けることからヨーガは始まると思います。今の自分自身の身体と意識(心)が一体となることが、心地よく、自分自身に様々な気づきを感じますね。身体も心も常に変化していて同じでないので、ヨーガの時間はまさに今その時のご自分を感じて頂きながら、アーサナ、呼吸と行っていきましょう。


ヨーガの座り方、いくつかありますが、教室ではほとんと最初はあぐらで座ることから始めてます。

あぐらで座ることを、「スカ・アーサナ」といいます。アーサナはポーズという意味で、”スカ”は”楽(らく)な”の意味です。簡単に言えば「らくに座るポーズ」ということですが、らくなものほど実は奥深いです。安定して座っているけど身体はらくな状態であること。

背筋を伸ばして、顔や首、肩、腕の力は抜いてみて下さい。そして自分の今の呼吸を意識します。

心穏やかに始める新しい年、1日1分でも自分の呼吸を見つめる時間を作ってみましょう。

通常の教室では毎回少なくとも10~15分程度は、この自分の呼吸を見つめる時間を設けています。子連れ教室はなかなか呼吸の時間はとれませんが、お子様が集団生活に入られたら是非お一人でゆったり呼吸しましょう。

教室でお待ちしております。



0コメント

  • 1000 / 1000